心の扉のカウンセリングQ&A

Q.カウンセリングで本当に良くなるのですか?

A.
カウンセリングはリハビリにとても似ています。
本人の努力がなければ良くなることはないのは確かです。
カウンセリングもそれと同じです。
カウンセラーは良くなりたいと努力するクライアントさんに、副ったやり方でサポートしています。
本人の良くなりたいという意思があれば大丈夫です。

Q.どんな小さな悩みでも聞いてもらえますか?

A.
もちろんです。
でも私は小さな悩みというのは存在しないと思っているんです。
大きいか小さいかは自分で決めてしまっていることではないですか?
あなたの小さいは自分にとってはとても大きいはず。それに、もしそんなに小さな悩みだと本当に思っているなら自分で解決できますね。
悩みに小さい大きいはありません。
あなたの悩みはあなたにとっては大きな悩みなはずです。

Q.自分で何が悩みなのか分からなくて・・・

A.
例えば歌手になりたいとします。
でも自分は歌に自信がありません。
どうしても上手になりたいので色々な方法で勉強しますがそれでもなかなか上達しません。
このような場合、歌が上手になりたいということで悩んでいると自分では認識できます。
しかし歌手になりたいと思わない人が、歌が上手に歌えないことに悩んでいたとしたらどうでしょう?
本人はそのことに気付いていないけれど、心の底では歌手になりたいと本当は望んでいるのかもしれませんし、他のコンプレックスが原因なのかもしれないのです。
そうしたことに気付いていないからとても苦しんでいる。この方の悩みはそこにあります。
ですから何が悩みなのか分からないのは、その背後にあるものに自分自身ではなかなか気付きにくいものなのだと思います。

Q.カウンセリングを受けていることを誰にも知られたくないです

A.
それは大丈夫です。
秘密厳守であるのはもちろんのこと、カウンセラーから緊急以外(例えばこちらの都合でカウンセリングができなくなったときなど)、メールや電話による連絡は一切しません。
特定な方に知られると困るというのは分かりますが、誰にも知られたくないとなると何か怪しいことでもやってるようですね。それはとても残念なことです。
ただカウンセリングを受けていることや内容が第三者に漏れてしまうこはありませんのでご安心ください。

Q.どのくらい通えばいいのでしょう?

A.
個人差があります。
相談内容や一人一人の個性によってとても時間のかかる人、かからない人がいます。
また一度中断して再び受ける方もいます。
短い方で数カ月、長い方だと10年以上近く通っている方もいます。
心の扉の場合は「今日で終わりましょう」ということはありません。あくまでもご本人の意志に任せています。
「もう自分ひとりで何とかできる」と思えたときが終了の時期ともいえます。また、確認のため年に何回か通っている方もいるので、心の扉をどのように利用するかはクライアントさん次第でもあります。

Q. 男性は絶対受けられないのでしょうか?

A. 
夫婦、親子、恋人でしたら受けることができます。
それ以外で男性のみのカウンセリングは行なっていません。
条件内でも事情によっては軽い面接をすることがあります。
同伴のカウンセリングというのはしていません。個別でカウンセリングを受けることが心の扉の条件となっています。
あくまでもカウンセリングは個人の問題として心の扉では考えているためです。
そのため、どんなことが話されているかは本人から直接聞くことは自由ですが、カウンセラーから互いの内容を話すことはありません。
そして本人が受けたいという意思がないときは受けることはできません。カウンセリングは必要だと思っている人だけが受けられる場所です。


トップページに戻る このページのトップに戻る