本文へスキップ

心の扉女性専門カウンセリングルームは横浜市緑区にあります。

コンセプトconcept

コンセプト

心の扉は個人経営のカウンセリングルームです。
一軒家の2階の日当たりの良い1室がカウンセリングルームになっています。
お家カフェのように手作り雑貨の並んだふんわり落ち着いたお部屋です。

カウンセリングはまずお話をしていくことでずいぶん楽になっていきます。対話の中からたくさんのヒントや気づきが自分を変える力になってゆくのだと心の扉は考えます。心の扉のコンセプトは、とにかく対話を重視しています。


*重度の精神疾患の方へ注意*

心の扉ではお受けできない場合があります。
重症と思われる方は、受ける前にまずは精神科や心療内科で診断し、適切な処方などして頂くことが大事です。そのまま心の扉でカウンセリングを受ける場合は、病院側との連携が不可欠となります。

Q&A

どんな小さな悩みでも聞いてもらえますか?

もちろんです。
でも私は小さな悩みというのは存在しないと思っているんです。大きいか小さいかは自分で決めてしまっていることではないですか?
あなたの小さいは自分にとってはとても大きいはず。それに、もしそんなに小さな悩みだと本当に思っているなら自分で解決できますね。

悩みに小さい大きいはありません。
あなたの悩みはあなたにとっては大きな悩みなはずです。

どのくらい通えばいいのでしょう?

個人差があります。
相談内容や一人一人の個性によってとても時間のかかる人、かからない人がいます。
また一度中断して再び受ける方もいます。

短い方で数カ月、長い方だと10年以上近く通っている方もいます。
心の扉の場合は「今日で終わりましょう」ということはありません。あくまでもご本人の意志に任せています。
「もう自分ひとりで何とかできる」と思えたときが終了の時期ともいえます。

また、確認のため年に何回か通っている方もいるので、心の扉をどのように利用するかはクライアントさん次第でもあります。

男性は絶対受けられないのでしょうか?

夫婦、親子、恋人でしたら受けることができます。
それ以外で男性のみのカウンセリングは行なっていません。

条件内でも事情によっては軽い面接をすることがあります。
同伴のカウンセリングというのはしていません。個別でカウンセリングを受けることが心の扉の条件となっています。

あくまでもカウンセリングは個人の問題として心の扉では考えているためです。
そのため、どんなことが話されているかは本人から直接聞くことは自由ですが、カウンセラーから互いの内容を話すことはありません。

そして本人が受けたいという意思がないときは受けることはできません。カウンセリングは必要だと思っている人だけが受けられる場所です。



ここからはちょっと面倒くさいかもしれませんがとても大事なことが書かれています。どうぞ最後まできちんと読んでくださるようお願いします。(*´v`*)


カウンセリングの注意点

相談内容とはずいぶんかけ離れていたり、キャンセルが頻繁だったり、信頼に欠く行動が目立つ場合、こちらからカウンセリングを中断し、お断わりすることがあります。

また、クライアントさまからカウンセラーを断ることは自由です。その場合理由をお話下さい。(例えば「相性が合わない」や引越しのためなど)また、私の判断で病院(薬)を勧めることがあるかもしれません。

症状によってはそのままカウンセリングを継続できなくなることもあります。
医師からの確認が取れたときは継続が可能です。その場合連携で行わなくてはなりません。
またカウンセリングの時間外での電話やメールでのご相談は固くお断りしています。

キャンセルについてのお願い

心の扉はキャンセル料をいただくことはありません。 しかし、当日に限ってのキャンセルは早めに必ず電話でご連絡頂くことは必須です。

当日のキャンセルは体調不良や身内の不幸など、急用を要すること以外はキャンセルはお控えください。
また、一度予約を入れて予約日ギリギリで予約の変更をすることもお控えください。一度入れた予約を変更したい場合は早めにご連絡くださいますよお願いします。

キャンセル料をいただかないこととして、キャンセルの理由(簡単で結構です)を必ずご報告いただくことで、信頼関係を損なわれることはないと考えます。 お引き受けくださったクライアントさまとの双方による信頼関係があって、初めてカウンセリングは成り立つものと心の扉は考えています。

こちらの都合(病気や身内の不幸など)でカウンセリングができなくなった場合、メールかお電話で必ずご連絡致します。(緊急のときは電話でご連絡致します)

このような状態のときはお休みします

台風や大雪など交通面で難しいときはカウンセリングはお休みすることがあります。 その場合、当日は早めに電話でお知らせします。前日に分かっていれば前の日にやはりメールかお電話で連絡がいきます。

そのときにキャンセル変更するか、後日変更予約を入れてください。そういう日は確実に連絡がとれる状態を確保して頂くようお願いします。連絡がスムーズにいかず、ご本人の判断で来訪されても面談は行なえませんのでご注意ください。

お子様との同伴はお断りしています

カウンセリング時は、集中力の妨げになりますので心の扉はご遠慮いただいております。
いきなり泣き出したりぐずったりしますと、クライアントさまもカウンセラーも集中力が途切れてしまいます。

限られた時間であるため、カウンセリングの時間は『自分自身の大切な時間』と割り切り、有効に使っていただきたいと思います。

カウンセリングが始まるときのお願い

必ず携帯をOFFにするか、マナーモードに切り替えてください。
カウンセリングの集中力の妨げになるため、「カウンセリングマナー」としてのご協力をお願い致します。

秘密厳守

カウンセラーは、クライアントさま以外の第三者に対して、相談された内容を洩らすことはいたしません。
また、品物や現金などの謝礼はお断りしております。